栄養科の取り組み

 当科では、管理栄養士が主治医の指示に基づき、患者さんお一人お一人に適した食事を提供しています。
 治療食は塩分制限やカロリー制限がありますが、家庭の味・お母さんの味を大切にし、患者さんにほっとして頂けるような料理を目指しています。
 これからも患者さんに楽しみにしてもらえるような病院食を提供できる様、栄養科職員一同努めていきます。

栄養科の方針

当院の栄養科では、常に下記を念頭に置いて業務を行っています。

1.入院患者さん1人1人の状態にあった食事を提供します。
2.安全な食事の提供の為、常に最善を尽くします。
3.温かい料理は温かく、冷たい料理はつめたい状態で提供します。
4.食事に関する正しい情報を提供します。

 

栄養指導について

 当院では管理栄養士が、生活習慣病(高血圧、糖尿病など)改善または予防のための食事指導を行っています。
 患者さんの生活を大切にして、無理のない、現実的でわかりやすい食事療法を、一緒に考えていくことを心がけています。栄養指導をご希望される場合は、主治医の指示が必要になりますので、主治医へお申し出下さい。
「食事療法に対する不安のある方」・「食生活を変えたいのになかなか上手くいかない方」・「メタボと言われたけどどうすればいいのか迷っている方」など、是非一度ご相談ください。
また飲み込みが上手くいかなくなった方への料理方法もご説明いたします。

活動内容

医師、看護師、管理栄養士、言語聴覚士などがチームとなり、それぞれの専門知識を生かして栄養状態の低下している患者さまに、適切な栄養管理が行われるよう支援することを目的としています。
栄養状態を良くすることで、治療効果を高めたり、社会復帰を支援することを目指しています。

週に1回、回診やカンファレンスを実施し、各患者さんの病状に合った輸液や栄養剤の選択、血液検査による栄養情報の提供、適したお食事の提案など、早期に栄養改善を図れるよう各部門間で連携をとり、チームで治療に取り組んでいます。
 また、月に1回程度委員会を開催し、よりよい栄養サポートが実践できる様、検討・改善を重ねています。

 

 

食事のご紹介

あたたかみのある食事を食べていただけるよう、こころがけています