地域包括ケア病棟とは

急性期治療を終了してもすぐに自宅や施設に退院するのは困難な患者さんに対し、診療・看護・リハビリテーション等を継続し、在宅復帰の支援をすることを目的とした病棟です。また、在宅療養中の患者さんに入院が必要となった時は、在宅医からの依頼を受けて支援いたします。医師や、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーなどが患者さんやご家族と協力して在宅復帰の準備を進めていきます。

 

対象となる方

1.急性期治療後の受け入れ
  急性期治療終了後の経過観察が必要な方
2.在宅復帰の支援
  ①退院に向けて一定期間継続したリハビリが必要な方
  ②自宅の環境整備や介護保険の申請・サービスの利用が必要な方
  ③有料老人ホームや介護老人福祉施設などへ入所予定の方
3.緊急時の受け入れ
  ①在宅介護中や施設からの緊急受け入れを要する方
  ②在宅療養中に「介護者の休養」の為の一時入院を必要とする方
  
  ※年齢や病気による区別は基本的にありません。

 

入院日数

最長60日ですが入院期間は病状により医師が決定します。