回復期リハビリ病棟では、患者さん及びご家族と、医師、看護職員、リハビリスタッフ(PT、OT、ST)、医療ソーシャルワーカーなどがチームとなって、積極的な機能回復と在宅、職場復帰を目指します。発症後早期から集中的・総合的なリハビリを、患者さまごとのリハビリ計画書に基づいて行っていきます。また、退院に向けてケアマネージャーを中心とする在宅支援スタッフとの担当者会議などの連携をとり、必要時には家屋調査を行い福祉機器導入や家屋改修に対する支援を行います。

病棟生活が快適なものとなり、御自宅での生活を想定した練習の場となるよう病棟環境を工夫しています。

 

ベッド

全て高さ調節可能な電動ベッドで、基本動作が不自由な方でも起居や座位、立ち上がり動作が早期に可能になるよう支援します。

 

トイレ

各病室付近に広く清潔なシステムトイレを設置し、車椅子や歩行器等の機器の使用を行う方や、片麻痺のある方も麻痺の左右に関係なく御利用しやすい設計になっており、排泄自立を積極的に目指します。

 

 

廊下

幅広で両側に手すりが設置され、歩行補助具を使用する方や手すり歩行をされる方など、その方に最適な移動方法を病棟生活の中で生かしていけるよう、ゆとりある設計になっています。

 

浴室

座位や姿勢保持が困難な方のためには仰臥位で安全に利用できる機械浴を設置し、機能に応じて手すりや福祉機器を利用して入浴できる浴室も設置しています。

 

洗面台

病室前の個別の場所と、廊下に面した複数設置の広い場所があり、自立した方がゆっくりと使用できる工夫と、介助を要する方ができるだけ自分で行いながら気兼ねなく支援を受けられる広いスペースが設けられており、歩行が不自由な方でも安全に利用できるようになっています。

 

デイルーム

病室の中央部には採光の良いデイルームがあり、食事やレクレーション、御家族や御面会の方との団欒など生活やコミュニケーションの場としてだけでなく、作業療法などリハビリテーションを行う場としても幅広く利用されています。

 

畳ルーム

病棟の合間には4畳ほどの畳間があり、自宅復帰時の畳生活の練習を行ったり、足をのばしたり、腰かけたりとくつろぎの場としても活用されています。